韓国はなぜ改革できたのか - 玉置直司

韓国はなぜ改革できたのか 玉置直司

Add: qowykute12 - Date: 2020-12-11 04:55:27 - Views: 690 - Clicks: 1300

『韓国財閥はどこへ行く』(玉置直司) のみんなのレビュー・感想ページです(5レビュー)。作品紹介・あらすじ:大統領選の最大争点「経済民主化」で岐路に立つ韓国大企業。"財閥一人勝ち"の功罪と今後の行方を気鋭の韓国経済ウォッチャーがリポート。. 日本経済新聞社で、産業取材にあたる。ヒューストン、ソウル支局長などを歴任。主な著書に『インテルとともに―ゴードン・ムーア 私の履歴書』(取材・構成)、『韓国はなぜ改革できたのか』など。年に退社し、現在は韓国ソウル在住。. 玉置直司【著】(タマキ タダシ) 日本経済新聞社 /04/21出版 236p 19cm(B6) ISBN:X) NDC:332. 主な著書に『インテルとともに―ゴードン・ムーア 私の履歴書』(取材・構成)、『韓国はなぜ改革できたのか』など。 年に退社し、現在は韓国ソウル在住。.

Amazonで玉置 直司の韓国はなぜ改革できたのか。アマゾンならポイント還元本が多数。玉置 直司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 玉置 直司『韓国はなぜ改革できたのか』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ※一部利用できない機能があります.

4: ページ数: 236p: 大きさ: 20cm: ISBN:X: NCID: BA※クリックでCiNii Booksを. とともに : ゴードン・ムーア私の半導体人生. 韓国経済挫折と再挑戦 : 漢江の奇跡は二度起こるか フォーマット: 図書 韓国はなぜ改革できたのか - 玉置直司 責任表示: 姜英之編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 社会評論社,. 10: 韓国はなぜ改革できたのか: 玉置直司 著: 日本経済新聞社:. 【最短で翌日お届け。通常24時間以内出荷】。【中古】 韓国はなぜ改革できたのか / 玉置 直司 / 日本経済新聞出版 単行本【ネコポス発送】. 【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 韓国はなぜ改革できたのか / 玉置 直司 / 日本経済新聞出版 単行本【メール便送料無料】【あす楽対応】. 韓国の経済システム : 国際資本移動の拡大と構造改革の進展 フォーマット: 図書 責任表示: 高龍秀著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東洋経済新報社,.

韓国政府は、この点を見過ごして韓国伝来の旧慣に頼りすぎ、改革を加えなかった。 この点については、この後で論じることにする。 ⑤ 「第2金融圏は銀行よりも貸出金利が高いため、借り手側の償還負担が大きい。. 韓国はなぜ改革できたのか/玉置 直司(経済・ビジネス) - 純利益7000億円。韓国サムソンは、いまや世界の電気メーカーのトップに君臨する。. 韓国では経済に関する明るいニュースをとんと聞かなくなった。経済成長率は下方修正が続き、失業率も高止まりのままだ。そんな中で、久し.

10 形態: 237p : 挿図 ; 19cm 著者名: 玉置, 直司(1959-) 書誌ID: BBISBN:. 1 Book 韓国はなぜ改革でき. (11/17時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:カンコク ワ ナゼ カイカクデキタノカ|著者名:玉置直司|著者名カナ:タマキ,タダシ|発行者:日経BPM(日本経済新聞出版本部)|発行者カナ:ニツケイビーピーエムニホンケイザイシンブン|ページ.

韓国はなぜ改革できたのか : 玉置直司: 日経BPM(日本経済新聞出版本部) /04 &92;1,650: ハイパ-インフレサバイバル読本 警告編: 立木信 第二海援隊: /04 &92;1,430: 中国経済真の実力. 概説韓国経済 渡辺 利夫/編 韓国 : 日本を超えられるか t. 3 形態: 284p ; 19cm 著者名: 姜, 英之(1947-) 書誌ID: BA5176390X ISBN:. ・玉置直司『韓国はなぜ改革できたのか』日本経済新聞社、年。 ・朴太堅『なぜ韓国の銀行は蘇ったのか』ダイヤモンド社、年。 ・洪夏祥『サムスン経営を築いた男-李健煕伝』日本経済新聞社、年。. 玉置, 直司(1959-) 日本経済新聞社. カン/著. 「韓国はなぜ改革できたのか 玉置真司 日本経済新聞社 /4/21」 著者は韓国に留学したこともある日経記者で現在ソウル支局長だ。 まず韓国の経済はなぜ破綻したのか。戦後の韓国経済は国策で育成した財閥の台頭で発展した。.

玉置 直司 1959年神奈川県生まれ。日本経済新聞社で、産業取材にあたる。ヒューストン、ソウル支局長などを歴任。主な著書に『インテルとともに―ゴードン・ムーア 私の履歴書』(取材・構成)、『韓国はなぜ改革できたのか』など。. Bib: BBISBN:Holding items in this series. 玉置 直司 TAMAKI Tadashi 1959年神奈川県生まれ。 日本経済新聞社で、産業取材にあたる。ヒューストン、ソウル支局長などを歴任。 主な著書に『インテルとともに―ゴードン・ムーア 私の履歴書』(取材・構成) 『韓国はなぜ改革できたのか』など。. 玉置, 直司(1959-) Catalog.

韓国はなぜ改革できたのか - 玉置直司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 韓国はなぜ改革できたのか: 著作者等: 玉置 直司: 書名ヨミ: カンコク ワ ナゼ カイカク デキタノカ: 書名別名: Kankoku wa naze kaikaku dekitanoka: 出版元: 日本経済新聞社: 刊行年月:. 今村 弘子/著 韓国はなぜ改革できたのか 玉置 直司/著 金正日「改革」の虚実 伊集院 敦/著 こうして始まり、こうして終わる :.

韓国財閥はどこへ行く - 玉置直司 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 韓国はなぜ改革できたのか: 玉置 直司 (著) 日本経済新聞社: ・ 韓国経済挫折と再挑戦: 姜英之 著: 社会評論社: ・ 韓国経済入門: 渡辺利夫 著: ちくま学芸文庫: 1996 ・ サムスン電子―躍進する高収益企業の秘密: 韓国経済新聞社(編集) (福田恵介 訳. 玉置直司 : 1959年神奈川県生まれ。日本経済新聞社で、産業取材にあたる。ヒューストン、ソウル支局長などを歴任。主な著書に『インテルとともに―ゴードン・ムーア 私の履歴書』(取材・構成)、『韓国はなぜ改革できたのか』など。. 7 図書 なぜ日本は韓国に先を越されたか :. 韓国財閥はどこへ行く: 玉置直司 著: 扶桑社:. 藤原 直哉/著,.

韓国の崩壊. 韓国財閥はどこへ行く フォーマット: 図書 責任表示: 玉置直司著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 扶桑社,. 玉置直司 1959年神奈川県生まれ。日本経済新聞社で、産業取材にあたる。ヒューストン、ソウル支局長などを歴任。主な著書に『インテルとともに−ゴードン・ムーア 私の履歴書』(取材・構成)、『韓国はなぜ改革できたのか』など。. 「玉置 直司」のページです。日本経済新聞出版では、本・書籍の新刊やおすすめ、企業様に好評な研修用DVDの紹介・販売(法人様)をしております。また、著者インタビューや本・書籍・研修用DVDに関する情報も配信しております。. ゴードン・ムーア 述 ; 玉置直司. 韓国民に告ぐ! 在日韓国系中国人兄弟による痛哭の祖国批判 (Non book business) / 金 文学、 金 明学 / 祥伝社 【送料無料】【中古】 その他. 219円(税込) ごく普通の在日韓国人 (朝日文庫) / 姜 信子 / 朝日新聞社 【送料無料】【中古】 文庫.

玉置の本読んでみようかな! 玉置の「韓国はなぜ改革できたのか」を図書館から 借りて読んでみることにした。(金を出す必要は全く無い) チョンのことを理解し、表現出来ても自身の旧態依然とした 女性蔑視の破廉恥な精神、思考を改革できなかった屑の本を。. 日本経済新聞記者として長年、企業取材を続けた。ヒューストン支局勤務を経て、ソウル支局長も歴任。主な著書に『韓国はなぜ改革できたのか. 韓国はなぜ改革できたのか 発行所 日本経済新聞社 年4月21日発行 236ページ/定価1500円(税別) 著者 玉置直司 11月24日から27日まで駆け足で、住宅の情報化を推進している仲間達と韓国のit事情調査に行った。韓国では、. 4: インテルとともに : ゴードン・ムーア私の半導体人生: ゴードン・ムーア 述 ; 玉置直司 取材・構成: 日本経済新聞社: 1995. 玉置直司著.

玉置 直司『韓国はなぜ改革できたのか』のネタバレありの感想・レビュー一覧です。.

韓国はなぜ改革できたのか - 玉置直司

email: hywaj@gmail.com - phone:(948) 393-6520 x 2807

整形外科ケアの実際 - 池沢康郎 - 江戸浅草を語る 浅草寺日並記研究会

-> 箱庭の物語 ネクロマンサーサプリメント - 神谷涼
-> 薬物依存 - 佐藤有樹

韓国はなぜ改革できたのか - 玉置直司 - COSTUME PLAY


Sitemap 1

どうにかしてよイイイヨオオオ! - リディア モンクス - その文明の正体